中央パートナーズの沿革
トップページ > 法人案内 > 沿革

1945年林サ三会計事務所開業   
1951年公認会計士・税理士登録により税理士業務と監査業務を併営   1951年公認会計士・税理士 伊東惟芳が事務所を開設
1968年監査法人東海第一監査事務所を設立し、監査業務部門を分離   1969年監査法人伊東会計事務所に組織変更し監査業務を行う
1970年公認会計士・税理士 木下鎬二郎が事務所を承継   1987年伊東税務事務所を設立
2002年中央旭税理士法人に組織変更   2002年中央伊東税理士法人に組織変更

2004年1月 中央旭税理士法人と中央伊東税理士法人との合併により、
中央パートナーズ税理士法人となる
法人案内